会陰マッサージ 方法 やり方 効果 時間 回数 オイル 画像



 ▼ サイト内検索はこちらからどうぞ ▼

会陰マッサージ方法おすすめやり方

注意事項

・デリケートな所のマッサージなので傷を付けないようにできるだけ爪を切り清潔な手で行うようにしましょう。
・肛門を触った指で膣を触らないようにしましょう

 

会陰マッサージ方法おすすめやり方

 

まず、純正の植物油を別の容器に使う分だけ少量入れます。
もし、オイルが余っても戻すことはやめましょう。
マッサージする指(会陰を触るのに抵抗のある人はコットンなどを使用してもOK)にオイルを付けて
膣口の前面からあまり力を入れずに横に滑らせるようにマッサージ膣口周辺部前側半分をクルクルと回しながら軽くマッサージします。
会陰マッサージ,方法,やり方,オイル,動画,効果,画像,時間,妊婦,数回
マッサージしているとをするとオイルが吸収されてなくなってくるので、またオイルをつけてマッサージします。
次に肛門と膣口の間にある会陰部分をマッサージします
膣口後ろ面部分をUの字を書くようにクルクルと回しながらマッサージします。
会陰マッサージ,方法,やり方,オイル,動画,効果,画像,時間,妊婦,数回
ここがメインなので少し長めにマッサージしてオイルをよ〜く染み込ませておきましょう
時間とオイルに余裕がある時は肛門の後ろ側や周辺部分をついでにマッサージしておくといいかもしれません。
会陰マッサージ,方法,やり方,オイル,動画,効果,画像,時間,妊婦,数回
会陰周辺のマッサージをする時に肛門部分に指が触れないように気を付けてマッサージをしましょう
もし肛門部分に指が触れた場合はその指でのマッサージを止めて、違う指でマッサージするのをオススメします。

この会陰マッサージで5分ぐらいかな?
気持ちの悪い人は拭きとってもいいですが、基本的に拭きとらずにおりものシートやティッシュを当てておくのがおススメです。
オイルを付けておけば時間をかけて浸透していくからより効果的です。

 

臨月付近に入ってからの会陰マッサージのおすすめのやり方

今までやって来た会陰マッサージを一通り終えたら、
親指(やりやすい指でOKです)を膣口に引っ掛けて
肛門側に引っ張って伸ばして、戻す、を数回繰り返す、
次に斜め方向にも引っ張って伸ばして、戻す、を数回繰り返す、
このように膣口の肛門側半分を引っ張って伸ばしてく会陰マッサージをする
まだ余裕のある人はこの後、膣ピチュ(会陰ピチュ)をするのがおススメです。

 

会陰マッサージの効果を上げる方法

会陰マッサージの効果を上げる方法としておすすめなのが、マッサージのあと30分〜1時間の時間をおいて、オイルが会陰部分に十分染み込んでからお風呂に入って温めるとより浸透して効果が上がると言われている。
しかし、お風呂に入った時に油が浮く可能性がある
油が浮くのが嫌な人は、風呂上りに会陰マッサージをやるやり方がおすすめです。通常より身体が温まっているので通常より少し高い効果期待できます。

 

会陰マッサージにおすすめのオイル